田舎に移住したいなら「お試し移住」|地域に馴染める他の選択肢も紹介

田舎に移住したいと思っても、

「都会とあまりにも生活スタイルが違ったらどうしよう…」

なんて考えてしまうと、なかなか気持ちが前に進みませんよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが、実際にその地で短期間住んでみることです。

短期間住んでみるのに最適なのが「お試し移住」

今回は「お試し移住」についてと、「お試し移住」よりも優れた他の選択肢について詳しく解説していきます。

「お試し移住」とは?どんな人に最適?

お試し移住とは、主に地方自治体などが「地方への移住を検討している人向け」に宿泊施設などを提供する取り組みを指します。

すべての自治体で「お試し移住」の取り組みがなされているわけではありませんが、近年「お試し移住」ができる施設は増加傾向に。そのため、移住を検討している人が「お試し移住」の先を選べるだけのボリュームになってきました。

また、移住者の誘致のために各自治体は工夫を凝らしており、「職業体験」などのサービスが受けられる場合も。

そんな「お試し移住」は、『田舎への移住を考えているけれど快適に暮らしていけるのかどうか不安…』という方に最適です。

「お試し移住」をうまく利用して、自分にあった土地がどうかを見定めていきましょう。

「お試し移住」3つのメリットとは

「お試し移住」には、

  • 移住後のイメージがしやすい
  • 短期間で移住体験ができる
  • 引っ越しをする必要がない

といったメリットがあります。

移住体験をするにしても、ホテルや民宿、ゲストハウスに宿泊してしまうと単なる旅行で終わってしまい「暮らすイメージ」がなかなかできないでしょう。

その一方で、お試し移住は多くの場合で一軒家を借りられるので「暮らすイメージ」をしやすい点が魅力です。

また、「お試し移住」の多くは数日程度から体験することができます。短期間でも体験できるので、気軽に移住体験をできるでしょう。

さらに、「お試し移住」では、冷蔵庫やテレビなどの家電が据え付けられていることも多く、引っ越しする必要がありません。そのため、旅行のような感覚で「暮らすイメージ」ができるというメリットがあります。

本気で移住を考えているなら夏と冬両方体験したい

本気で移住を考えているのであれば、夏と冬の両方のシーズンを「お試し移住」で体感することをおすすめします。

なぜなら、一番心地のいいシーズンだけを体験してしまうと、厳しい冬の寒さや雪、夏の暑さや虫の多さなど、都合の悪い部分が見えてこないからです。

両極端な季節を体感することで、プラスの側面だけでなくマイナスの側面もしっかりと体験し、後悔のない判断ができます。

「移住を失敗したくない」というのであれば、夏と冬の両シーズンを体験してみてください。

地方自治体の「お試し移住」の弱点

地方自治体が行う「お試し移住」は、素晴らしい取り組みと言えます。

しかし、「弱点もある」というのが正直なところです。

その弱点とは「ご近所さんと関係を築きにくい」という点。

移住前に、現地の人と繋がりができていると、困ったときに相談に乗ってもらえたり、手助けをしてくれたりするため、移住後にとても心強い味方ができます。

移住後に孤独ということもなくなるため、移住前にご近所さんと関係を築けるのであれば築いておきたいところです。

「お試し移住」の場合、貸してもらえる家はきれいな場合が多く、家電なども揃ってはいます。しかし、近所の人とだれもがすぐに繋がれるかというとそうではありません。

なぜかと言うと、大抵の場合、役場の人の案内で建物を貸してもらうことになるので、現地の詳しい状況を知っている人に出会えるとは限らないからです。

「じゃあ、どうすればいいの?」と思われるかもしれませんね。

「お試し移住」の弱点は、次に紹介する「田舎シェアハウス」を利用することで補うことができます。

「田舎シェアハウス」ならすぐに現地に馴染める!

個人が運営する「田舎シェアハウス」なら、その地に根付いたオーナーが管理人をしているため、現地の人との交友関係が深く、現地の人とマッチングしやすい環境が整っています。

移住前に「田舎シェアハウス」で関係を作っておけば、移住先の家を紹介してもらえたり、農業の先生を紹介してもらったりと様々な恩恵を受けられるでしょう。

反面シェアハウスは家族での利用は難しいため、単身での田舎移住に適しているということをお忘れなく!

田舎シェアハウスに興味があるという方におすすめなのが奥能登にある田舎体験シェアハウス「ほくほく邸」です。

ほくほく邸では畑をしたり、薪を割ったり、海で釣りをしたりすることができ、近所の方との交流もバッチリ体験できます。

ほくほく邸に興味がある方は、こちらからアクセスしてみてください。