夢の田舎暮らしが悲惨な結果になる前にこの記事を読んでほしい

夢の田舎暮らし…!と思って移住をしてみたけど、思わぬトラブルで悲惨な結果に…

なんてことには誰もなりたくはないですよね。

この記事では、悲惨な田舎移住の失敗を経験しないために、どんなところに気をつければ良いのか紹介していきます。

田舎移住を計画しているけど「失敗しないか不安」という人は最後までチェックしてみてくださいね!

田舎移住が失敗する理由

田舎移住に失敗する理由の多くは、人間関係のトラブルです。まずは、なぜトラブルが発生するのか考えていきましょう。

田舎というのは近所付き合いが濃く、近所の人は見知った関係であることがほとんどです。閉鎖的な世界のため、外部から移住者が入ってくると「得体の知れない人」と認識されてしまう場合も珍しくありません。

これだけでは大した問題にはなりませんが、噂話に尾ひれがつき「一家で夜逃げしてきた」「前の家を追い出されたらしい」などのよくない話が、どこからともなく湧いてくる場合があります。

そこからさらに事態が悪化すると、嫌がらせやいじめへと発展していき、悲惨な事態になるのです。田舎に移住しようと考えている人に言っておきたいのが、田舎では全国どこにでもこのようなリスクがあるということです。

これから田舎に行くつもりなのであれば、ちょっとした言動や行動がトリガーとなって、悪い方向へと転がる場合もあることを頭に入れておきましょう。ただし、これらの問題を起こしにくくするポイントが存在すると私は考えています。

田舎移住を悲惨な結果にしない3つのポイント

田舎移住を悲惨な結果にしないためには、これから紹介する3つのポイントを押さえておくことが大切だと考えます。

  • 外へでる
  • 挨拶をする
  • 頼り頼られる

順番に解説していきましょう。

田舎移住を悲惨な結果にしない3つのポイント①外へでる

1つ目のポイントは「外へ出る」です。

「なにそれ?」と思われるかもしれませんが、意図は別にあります。

それは「近所の人と会話する機会を増やすこと」です。家の中に閉じこもっていると、どうしても近所の人と話す機会は少なくなってしまいますよね。

「移住してきたのにあまり家からでて来ない人…」となってしまうと、怪しい人と思われる可能性が高くなってしまいます。反対の立場からすると引っ越してきたのに、何をしている人かわからなければ不気味ですよね。

そう思われないためには、家の外へ出て近所の人との接触回数を増やすことが大切です。

移住したての頃にオススメなのが「散歩」

散歩をすることで、近所の地形にも詳しくなれますし、運動にもなります。

そのついでに、近所の人と関わる機会が増えると思えば、やらない手はありません。田舎暮らし初心者には「散歩」をおすすめします。

田舎移住を悲惨な結果にしない3つのポイント②挨拶をする

2つ目のポイントは「挨拶をする」です。

どこにいても挨拶というのはコミュニケーションにおいてとても大切です。田舎だと人間関係が濃いので、さらに重要度が増します。

まずは、笑顔で大きな声で挨拶をするようにしましょう。これだけで警戒されにくくなります。

さらに言うと「挨拶+一言」があるとベストです。

「おはようございます!今朝は冷えますねぇ」
「こんにちは!いまからどこかへいかれるんですか?」

こんな感じで挨拶をすれば、会話の糸口になりますし、相手にそっけない印象を与えることもありません。

「挨拶+一言」は、単純で強力な手段なので使ってみてください。

田舎移住を悲惨な結果にしない3つのポイント③頼り頼られる

「挨拶」だけでは、なかなか強い信頼関係を作ることはできません。

近所の人が困っているときに助けてあげたり、こちらが困っているときに助けてもらったりすることで、信頼関係はより深まります。

「具体的に何するのがいいの?」って思われる方にオススメしたいのが「畑」をはじめることです。

都会から移住してきた人にとって「野菜を育てる」というのは未知の仕事。でも、田舎のじいちゃん、ばあちゃんにとって畑は何十年も前から繰り返してきたことで、経験をたくさん積んでいます。

畑作業をしていて近所の人にであったら「ダイコンの種を植えるときはどうしてるの?」と聞いてみましょう。

自然と相手を頼ることができますし、相手も「こうすればいい」とアドバイスをしやすいので気持ちよく相談に乗ってくれるはずです。

日本人は頼られるよりも頼ることが苦手なので、「畑」をはじめて頼る練習をしてみてください。

田舎移住を悲惨な結果にしない最良の選択肢とは?

今回紹介したポイントはとても大切なことばかりです。ただ、今回紹介したポイントよりもさらにいい選択肢が存在します。

それは「田舎シェアハウス」を利用して、移住の前にご近所さんとの人間関係を構築することです。そうすれば、移住スタートの段階で周りは信頼できる人だらけという状況に持ち込めます。

田舎体験シェアハウス「ほくほく邸」なら、すでに人間関係ができてるので関係作りがやりやすいという特徴があります。シェアハウスにいる間に近所の人と関係さえ作ってしまえば、地域のネットワークを使って空き家探しをすることもできてしまいます。

ほくほく邸では2週間からの田舎体験可能です。移住の不安と期待が入り混じっているのであれば、まずは短期間の体験をして一歩を踏み出してみてください。