「田舎シェアハウス」ってどう?選ぶときのポイントを解説!

この記事を読んでくれている人のほとんどが、田舎のシェアハウスに興味が出た方なのではないでしょうか?

「田舎シェアハウスって正直どないやねん!?」

と思うあなたに向けて、今回は田舎シェアハウスについて詳しく紹介していきましょう。

なんで田舎でシェアハウス?田舎シェアハウスのいいところは?

田舎シェアハウスと聞くと「なんで人口の少ない田舎でシェアハウスに住むの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

その理由には田舎にシェアハウスには次のようないいところがあるからなんです。

  • 荷物が少なくて済む
  • 地域に溶け込みやすい

家を引っ越すとなるとかなり大変。その点、シェアハウスというのは基本的な生活家電などが揃っている場合がほとんどです。そのため、引っ越し費用などがかかりませんし、一から生活用品を揃える必要もありません。少し長い旅行に出かけるくらいのイメージで、田舎で生活できるというメリットがあります。

また、田舎シェアハウスに住めば、地域の人と人間関係を作りやすいというメリットも。田舎というのは人が親密である代わりに、閉塞的な傾向にあります。外部から来た人をすぐに受け入れてくれるかというと、なかなか難しいのです。シェアハウスであれば、オーナーや管理人がすでに現地の人と関係を作っているはずなので、 地域の人と馴染みやすいというのも大きなメリットといえるでしょう。

田舎シェアハウスの注意点

田舎シェアハウスを利用するのであれば、注意点もしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

なぜなら、田舎は都会とは全く異なったライフスタイルだからです。都会よりも自然が多く、食料は買うのではなく自分で生産しているものが多いです。その分、手間暇が必要ですし、体力も必要です。

また、田舎の生活では服が汚れやすかったり、野菜にも虫がついていたりするので、衛生面が気になる方は田舎シェアハウスにはあまり合わないかもしれません。

田舎では娯楽施設などもほとんどありません。普段からカラオケに行ったり遊園地に行ったりして楽しんでいるような方は、その点に注意しておいた方がいいでしょう。

田舎シェアハウスを選ぶときのポイント

田舎シェアハウスを選ぶときに、最も確認しておきたいポイントが「体験重視か暮らし重視か」というところです。

田舎では住宅が余る傾向にあり、家賃は破格です。仕事がしっかりと決まっていて、住居は寝泊まりができればいいと言うのであれば、 価格重視でもいいかもしれません。

しかし、価格が安いからといって体験重視ではないシェアハウスに入居してしまうと、農業体験などをできる機会がなく、やることがなくて退屈してしまう…ということもあり得ます。

余暇を利用して田舎暮らしを体験しに行くのであれば、農業体験などがセットで楽しめるようなシェアハウスを選択した方がいいでしょう。

気軽にいける体験重視のシェアハウスなら「ほくほく邸」がオススメ

田舎シェアハウスは、都会に比べると数は少ないものの全国各地に点在しています。

田舎シェアハウスは、個人が運営していることが多いので、シェアハウスのコンセプトや仕組みなどは千差万別です。

「田舎 シェアハウス」
「農業 シェアハウス」
「自給自足 シェアハウス」

などで検索すれば、魅力的なシェアハウスが多数見つかるはずです。

そんな中でも…

「自給自足のガチンコ田舎暮らしシェアハウスはちょっとレベルが高すぎる…」
「ただ暮らすだけのシェアハウスはちょっとつまらなそう…」


といったあなたにおすすめなのが、石川県の能登半島にあるシェアハウス「ほくほく邸」です。

田舎シェアハウスの中でも、気軽にいけて、それでいて農業や薪割り、釣りなどが楽しめる環境にある、それが「ほくほく邸」です。

住民の体験談もこちらからチェックできるので、気になった方はチェックしてみてください!