ほくほく邸体験記「大学生・まゆこちゃん編」

初めまして。今年の春から、石川県内の大学に通っているまゆこです!私は大学の夏休みを利用して、9月の後半にほくほく邸に滞在しました。2週間、たくさんの人にお世話になりました。みなさん、本当にありがとうございました!2週間で感じたことを素直に書いてみようと思います。是非読んでください!

ほくほく邸に来た理由

ほくほく邸に来た理由は3つありますが、ほぼ1つ目です(笑)

1つ目は「海の近くで生活すること」への憧れでした。内陸県出身であるため、海への憧れが誰よりも強かったです。海が目の前にあるシェアハウスと知って、すぐ応募を決めました。(毎日、海沿いを散歩して海を眺めていました。)

川の向こうに見える太陽

自動的に生成された説明

2つ目は、地域創生や農業に興味があったからです。

地域創生に興味を持ったのは、大学に入ってからです。石川県にある大学であるため、能登半島の現状や課題について、学習する機会があり、そこで興味を持ちました。人口減少に直面している能登半島に実際に行ってみることで、何か感じることや学べることがあると思いました。

農業は、漠然と「やってみたい」とずっと思っていました。スーパーで並べられている野菜が、どのような人たちに、どういった思いで、どのようにして作られているのか知りたいという思いがありました。農家さんの所へ、いつでもお手伝いにいくことができるというのが魅力でした。

3つ目は、観光ではなく、その地域の人との交流がしたかったからです。私は、有名観光地を回るというより、地元の人とお話ししたり、目的もなく街歩きをしたりすることが好きです。体験記から「ほくほく邸」では、農家さんや漁師さんとの繋がりが多いこと、そして自分で自由に時間を使えることを知って「私にピッタリだ!」と思いましたね。

ほくほく邸で体験したこと

田舎暮らしを丸ごと体験した感じです。

農作業をしたり、野菜のお裾分けをもらったり、近所の方とお話ししたり、山の中を散歩したり。住宅街でしか暮らしたことのなかった私には、初めての体験ばかりでした。

秋ということで、栗、かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも の収穫のお手伝いをしました。

食品, 屋内, テーブル, 座る が含まれている画像

自動的に生成された説明
(暖炉で作った焼き芋が最高。)

農作業をしていると、「旬」を間近で感じられて、それがすごく幸せでした。

農作業の中で、私が一番楽しかった作業は かぼちゃの座布団敷きです。

草, 屋外, フィールド, グリーン が含まれている画像

自動的に生成された説明

地面に接している部分が変色してしまうため、なっているかぼちゃ一つ一つの下に白い座布団を敷いてあげます。こんな広い畑の中から、かぼちゃを探し出す感じが楽しかったですね。それと同時に、こんなにもかぼちゃに手がかかっていたんだと気付かされました。

丁寧に丁寧に育てられているから、滝谷さん家のカボチャはすっっごく美味しいです!

ほくほく邸に来たら、毎日のように食べられますよ!!

ほくほく邸の環境

ほくほく邸にきて、私が一番感じたのは、ほくほく邸の「すごさ」でした。実際に来てもらうと一番わかるのですが、「周りの環境」がすごいです。普通、田舎によそ者がやって来ると、少なからず不安を覚える人が多いと思います。

しかし、曽良の皆さんは違いました。突然、違う場所からやってきた私を、すごく温かく受け入れてくださった方々ばかりでした。それは、北斗さんや詩乃さん、今までほくほく邸に来た方達がいたからこその環境でした。

建物の前に立っている男女

中程度の精度で自動的に生成された説明

今まで入居された方が作ってきた、農家さんやご近所の方との関係性が引き継がれながらも、また新しい出会いが生まれています。シェアハウスのメンバーによって、人との繋がり方が変わっていったり、新しい繋がりが生まれたりするところが本当に面白いんです!「こんなにも恵まれた場所があるのか」と思うほど、素敵な場所でした。ぜひ体験してみてほしいです。

また、この2週間を通して、興味があった地方創生についても考えてみました。正直に言うと、「地方創生って一体なんなんだろう?」って思うようになりました。人口減少が著しい能登半島。危機感を持っている人もいるのかもしれないけど、ここにいるどの人もすごく幸せそうなんです。毎日、楽しそうなんです。

そんな人たちと関わっているうちに、私は「このままが一番いいんじゃないか」と思うようになったんです。「地域を盛り上げることが、本当にそこに住んでいる人たちにとって、いいことなのか」「地域を盛り上げるってなんだ?」とよく分からなくなってきました。

大学内だけでは得られない、たくさんの気づきや学びがありました。これからの大学生活を考える上で、すごく大切な時間でした。

ほくほく邸に来たい人に一言

とりあえず、応募してみてください!

来てみないと分からないことがいっぱいあります。きっかけはなんでもいいと思います。生活しているうちに、思いもよらない学びや気付きがきっと、たくさんあります。

「悩む前に、すぐ行動!」

ほくほく邸に行く前の私に行ってあげたい言葉です。

読んでくださった方のほくほく邸ライフが楽しいものになる事を願っています!