ほくほく邸体験記「大学生・まほちゃん編」

初めまして。10月に2週間ほくほく邸に滞在したまほです!

私が過ごしたほくほく邸での生活の様子を是非ご覧ください!

ほくほく邸に来た理由

今だからできる時間の過ごし方がしたかったから。コロナ禍で大学は全てオンライン授業。友達ともなかなか会えず毎日バイト先と家の往復。そんな生活が2年も続き、”なんでこの時期に大学生になっちゃったんだろう” と悔しく感じる日々が続きました。だからこそ「どこでも授業を受けられる環境」を生かしたいと思うようになりました。

北斗さんや入居されている方がTwitter等であげている写真を見つけた時、とにかく毎日が楽しそうで、みんなが生き生きとしていて、”私もここに行ったら何かが変わるかも”と思い入居を申し込みました。

ほくほく邸で体験したこと

農作業のお手伝い

2週間の滞在では農家さんのところに行って農作業のお手伝いをしている時間が多かったです。私はさつまいもやネギの収穫、玉ねぎ植えなどをやらせていただきました。普段スーパーで何気なく買っている野菜の裏側を知ることができ、とてもいい経験でした。

そして、ここの農家さんは皆さん本当に優しいんです…

「まほ〜〜〜!今日も元気か〜〜〜!」と気さくに話しかけてくださいます。

私は農家さんと話す時間がとても大好きで、農作業に行くことが楽しみになっていました。

夏はカボチャの収穫で忙しいそうなのですが、秋は比較的農家さんも落ち着いている時期のようで、採りたてのさつまいもを薪ストーブの上で焼いて食べさせていただいたり、さつまいものおはぎをいただいたり。秋のしっぽりとした雰囲気を感じながら、楽しく農作業をすることができました!

滞在の最後には玉ねぎ植えをやらせていただいたのですが、低姿勢で一つ一つ手作業で玉ねぎの苗を植えていきます。

これがかなりきつい!!3万本の苗は近所の応援隊の方も来られて2日間で植え終わりました。

手作業ゆえのきつさはありましたが、終始話し声、笑い声は絶えず。20代の女子3人がヘトヘトになっている中で後ろから楽しそうな笑い声が聞こえたり笑

本当に、穴水町の人の元気さに驚かされました。

人の温かさに触れる

2週間、人の温かさをずっと感じて生活していました。今思い返しても本当に最高な日々だったなと感じます。散歩をしている時にすれ違った初対面おばあちゃんと15分以上立ち話をしたり、また違うおばあちゃんには一人で管理しているという畑に連れて行ってもらってゴーヤのお土産までいただいたり..

穴水の人は本当に温かいんです…本当に!

1時間の散歩コースを歩くのに寄り道が多過ぎて3時間以上かかった、なんてこともありました。

また、2週間の滞在の中で農家さんや漁師をしている方達と

一緒に食事をする機会が多くあったのですが、それが毎回本当に楽しくて!

2週間、いろんな人と会話をして

「自分の幸せとはなんなのか」をすごく考えました。

就職活動を始めると、自分が何をやりたいのか全くわからなくて悩むことが多くなった私は、ここに来て自分のやりたいことが明確になった気がします。

それも全部、ここに来ていろんな人と話す中で『自分がなりたい姿』が見つかったからです。

美味しいご飯をお腹いっぱい食べる

ほくほく邸にいると、毎日新鮮な魚や野菜が食べられます。畑でとれた野菜やお裾分けをたくさんいただけるので食費はゼロ円でした。近くに商店もあるので、そこで調味料や食材を買うのもいいと思います。商店のおばちゃんも面白くてとっても素敵な方なので是非訪れて欲しい場所です。

私は大学生になって一日一食という大学生にありがちな不健康な生活をしていたのですが、ここに来たら農家さんのお手伝いなどで体力を使うので自然とお腹が空きます。働いた後にみんなと一緒に食べるご飯は最高に美味しく感じました!毎日三食、いやもっと…食べていたかもしれません。

また、私は普段、自炊をすることがなかったのですが、ここに来て魚の三枚おろしができるようになったり、イカも捌けるようになったり。自炊スキルも確実に上がりました!

ほくほく邸に来るか悩んでいる人へ一言

是非来て欲しいです!!「初めて田舎に行く」「農作業をしたことない」そんな不安を持っている人でも大丈夫です。むしろ私は、地方で暮らしたことがない人にこそ来て欲しいです。

想像するよりもかなり田舎ですが、だからこそ普段の生活では味わえない経験がたくさんできます。

「不便だからこそみんなで助け合う」

本当に相互扶助が具現化されている場所だと感じます。毎日が発見の連続であっという間に時間が過ぎてしまいます。以前に体験記を書いている方も「2週間より1ヶ月がオススメ」とおっしゃっていますが、私も同じ意見です!2週間はあっという間です笑

オーナーである北斗さん、シェアメイトのみんな、農家さん。たくさんの人たちと話すので価値観も広がりますよ!